PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本代表入りが噂される浦和レッズの田中達也選手が気になる

世界が指摘する岡田ジャパンの決定的戦術ミス
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

浦和レッズのFW田中達也。

ここ最近、調子が戻り、体の切れが良いと各誌でやたらと日本代表有力候補に
挙げられているが、わたくしはこれに賛成できない。


現在の日本代表が欲しい戦力は決定力のある選手ではないのか?


確かに田中達也のスピードや運動量は素晴らしいと思うし、
戦力にならないとは言わない。


けれども決定力という点で考えた場合、他のFW陣と比較して、
彼をFWの4人ないし5人に挙げられるだけの決定力があるかといえば、
クラブでの成績を見てもわかる通り、無い。


同じ理由で大久保嘉人も(玉田圭司も?)残念ながらあるとは思えない。


それならば去年Jリーグ得点王で、今シーズンも得点ランキング上位のジュビロ磐田の
前田遼一や、若手で勢いのある横浜Fマリノスの渡邊千真やガンバ大阪の平井将生を
選んでもいいのではないか?

あるいはセリエAという世界屈指の守備を誇るリーグで揉まれている、
カターニャの森本貴幸という選択肢もありだと思う。


確かに代表での慣れという面でリスクはあるかもしれない。

しかしJリーグで得点力がない選手が代表で得点力が増すとは思えないし、
むしろ代表慣れしていてこれだけ結果に表れていないのであれば
入れ替えるべきだろう。


替えない事の方がリスクがあるように思う。



素人が何を言っているんだ?彼らの動きの良さがわからないのか!
とお叱りを受けるかもしれないが、FWに関してだけは得点力で評価すべきだと
わたくしは思う。



勿論、前線で相手をかき回し、空いたスペースにFWを追い越して決定的な仕事が
できる選手がいれば話は別だが、その形を目指しているにせよ現時点で
完成しているとは思えない。


その意味では本田圭祐に加えて、MFにセレッソ大阪の香川真司、
FC東京の石川直宏という決定力を持つ選手もぜひ加えてほしいところである。



岡田監督の一番の問題は、そこまで結果を残せていないFWを
使い続けたことにあったと思う。

色々な組み合わせで試してみるだけの時間的な余裕が無かった訳ではないはずだ。


何より解せないのは代表に選んでおいて残りの15分程度の出場で
「実力は見極めた」とあっさり見限ってしまった事。
(最悪の場合使わなかったことも)



もちろん少ない時間ながらももらったチャンスで結果を出せなかったら仕方ない、
または、元々残り15分で流れを変える選手を求めていた、
と言われればそれまでだが、それは先発組が結果を出していればの話。



長くチャンスをもらっている選手が結果を出せていないのに、
そちらを見極められてないのには疑問である。


先発でもっと見たかった選手を挙げると、森本貴幸、前田遼一、佐藤寿人、
平山相太、MFではあるが香川真司も。



彼らの中で組み合わせを変えながら、最低でも数試合は見たかった。

わたくしが思うのと同じ選手ではないにしろ、もう少し色々な組み合わせを
見たかったという人は少なくないはずである。



つづく

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
サッカーグッズをお探しなら…




| サッカー | 04:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

健康維持
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。