PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ニューヨークメッツの高橋尚成にみる、球威が無い日本人選手ほどメジャーリーグで活躍できる事実

メジャーリーグの稼ぐ実態…

メジャーリーグなぜ「儲かる」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

はじめに題名に少し補足を…

これは高橋尚成投手を馬鹿にしているわけではありません。


球威が無いというのは、球威ではなくコントロールで勝負する選手
という意味で捉えていただくと幸いです。



本日、メジャーリーグ、ニューヨークメッツ所属の高橋尚成投手が、
交流戦初戦のニューヨークヤンキース戦でメジャー初先発を果たし、
勝敗はつかなかったものの、6回を無失点に抑える好投を見せました。




高橋尚成投手と言えば昨年オフ、FA権を行使しメジャーリーグ移籍を表明するも、
獲得に乗り出す球団がなかなか現れず、

結局、最終的にはニューヨークメッツとマイナー契約を交わすことになり、
まずはメジャー昇格を目指すことからのスタートに・・・



それがキャンプやオープン戦で結果を残し、早々にメジャー昇格が発表され、
中継ぎで着実に結果を出し、今日の初先発6回無失点になったわけですが。


メジャーへ移籍して活躍している先発投手の日本での成績を見ても、
高橋尚成は特別優れた成績でもなく、そのこともあってメジャーでも評価は高くなく、
日本のファンも、もしかしたらそれほど期待をしていなかったかもしれません。


確かに活躍というにはまだ時期尚早な気もしますが、
すでにチームでは首脳陣の信頼を勝ち得ているのは確かです。



一体誰がこうなる事を予想していたでしょうか?


恥ずかしながら、わたくしも
「夏頃にはメジャー昇格して、中継ぎでマズマズの成績くらいかな」
と思っておりました。



高橋尚成がメジャーで通用したのには、
日本のプロ野球とメジャーのベースボールの違いにヒミツがありそうです。



まず日本のプロ野球の特徴は、配球重視で投手にはコントロールが要求され、
打者は配球を読み球種・コースを絞って読みで勝負することが多いです。

なので配球を読まれたら、球威がなければ技術・実力のある打者なら打ちます。



逆にメジャーリーグは、投手はストレート主体の球威で押していくピッチングです。
(最近は変わりつつありますが、大まかな傾向としてです。)

そこまでコントロールは気にせず、打者とは力勝負です。



という事を考えると、どういう投手が打たれないか?



多彩な変化球を駆使し、コーナーへ投げ分けるコントロールがある事。

またストレートでも135~140㎞/hほど、
変化球ならさらに10~20㎞/h遅くなり、
メジャーの打者はその遅さに慣れていないという事も言えると思います。



過去に日米野球でも140㎞/hそこそこでコントロールの良い投手が
メジャーリーガーを抑えるようなシーンが良くありましたし。



こうしたことから高橋尚成は球速はそれほどなくとも、
多彩な吸収の変化球と抜群のコントロールで十分メジャーで通用する
という事が言えるんだと思います。


その意味では、ヤクルトスワローズの石川雅規や千葉ロッテの成瀬善久は
メジャーで通用するんではないかと個人的には思います。


まぁ、一番活躍できそうだと思うのは、
今ウワサのこの選手だと思いますが…



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
メジャーリーグのTシャツなら…







| 野球 | 17:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

健康維持
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。