PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サッカー初心者でもわかる南アフリカワールドカップ予習編~第2回:グループA

2010 FIFAワールドカップ南アフリカ共和国大会公式認定ガイドブック

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

南アフリカワールドカップ開幕まで2週間を切っていますね。

「世間じゃ騒いでるけど、サッカーはよく解らない」

「どんな国がでてるの?どこが強いの?イケメン選手はいるの?」

というようなあなたに・・・
わかりやすく、ワールドカップが楽しめるように解説できたらと思います^^


前回では「そもそもワールドカップは何ぞや?」という内容でした。

今回からは早速グループAの4ヵ国についてわたくしなりに分析してみました。



グループA
1 南アフリカ (開催国)
2 メキシコ (北中米カリブ海予選2位)
3 ウルグアイ (南米予選5位)
4 フランス (ヨーロッパ予選グループ7:2位)


まずは、開催国の南アフリカ。
今大会は開催国枠として予選免除で、2大会ぶり3回目の出場となっています。


最新の世界ランキングは83位。
参加32チーム中下から2番目の順位です。

チーム自体は完成されているとは言い難く、
アフリカ人特有の身体能力の高さはあるものの、他のアフリカのチームと比べても
全体的に劣るという印象は否めません。


ただ、サッカーというスポーツは地元ホームの試合ではファンの後押しもあってか
実力以上のものを発揮することもしばしば。

2002年日韓W杯の時の日本(ベスト16)と韓国(ベスト4)が
そうであったように南アフリカも旋風を巻き起こす可能性が無いとも言い切れません。

実際、W杯の前年に毎回行われるプレ大会のコンフェデレーションズ杯では
4位に入るという快進撃を見せました。

見どころは地元南アフリカを応援するサポーターの盛り上がりもひとつだと思います。



続いて、北中米カリブ海予選を2位で通過したメキシコ。
5大会連続14回目の出場ということでW杯の常連国です。

世界ランキングは17位。

このチームはフォワードのブランコとディフェンスのマルケスという
2人のベテランが中心で、精神的支柱である半面、
未だベテランに頼らざるを得ないというチーム事情もあります。

チームの特徴としてはとび抜けたスターがいない代わりに、
先程の2人のベテランを中心に組織的なサッカーをします。

注目選手は若手の有望株、G.ドスサントス。

10代半ばから才能を見いだされ、
世界的な強豪チームであるスペインのバルセロナでプレーした経験もあります。


過去4大会でベスト16に進出しており、今大会もグループリーグ突破の有力候補。



そして、南米予選5位からプレーオフでコスタリカを破り、
2大会ぶり11回目の出場を果たしたウルグアイです。

世界ランキングは16位。

このチームは南米選手特有の非常に高い個人技を持つ選手が多く、
個人個人の能力は高く、ほとんどがヨーロッパの強豪リーグでプレーしているものの、
やや連携に難があり、組織的というよりは個人に頼ったサッカーが見られます。

うまくハマればエキサイティングなサッカーが見れます。
ハマらなければ観ていて面白くない場合もあります。

このチームの魅力はなんと言っても攻撃陣。

フォルラン、スアレスの2人のフォワードはともにスペインリーグやオランダリーグで
得点を量産しており、出場32ヵ国を見渡してもトップクラスの破壊力があります。

カギとなるのはその強力な攻撃陣にうまくボールをつなげるかという点でしょう。



最後は前回大会準優勝のフランスです。

4大会連続13回目の出場、1998年に優勝するなど強豪ひしめくヨーロッパで
常にトップ争いをするチームのひとつですが、フランスの英雄ジダンが引退して以降
ここ最近は負けはしないものの勝ちきれない試合が続き、
得点力不足という問題を抱えています。


しかしながらメンバーを見てみると世界に名だたる選手ばかりで、
決して弱いわけではありません。


注目は、リベリーのドリブル突破、アネルカとアンリの得点力など。

特にリベリーのドリブルは相手陣内へ鋭く切れ込み、
アネルカ、アンリへの決定的なパスや、自らシュートを打ってゴールを狙います。

対戦相手はまず、リベリーを要注意選手としてマークしなければならないでしょう。



今回のグループA4のチームはハマるかハマらないかで
持っている実力と実際試合で発揮する実力に大きな差が出そうなので、
どこが勝ち抜くかは予想が非常に難しそうで、
逆に言えば最後の最後までもつれる面白い展開になる可能性が高そうですね^^


持っている実力通りなら、1位フランス2位をメキシコとウルグアイが争う
という展開になりそうですが、南アフリカが地元サポーターの応援をバックに
快進撃を見せることもあります。


このグループは地元南アフリカがカギを握っているかもしれません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
サッカーグッズをお探しなら…




| サッカー | 18:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

健康維持
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。