PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

初心者が間違えやすいパターの基本

ゴルフ初心者の人でパターの振り方で
間違った認識をしている人が意外と多いようです。



「まっすぐ打たなければいけない!」

という思い込みが強いのか、
パターをまっすぐ引いてまっすぐ出す
という打ち方が正しいと思っていませんか?




じっさいにそのような打ち方をすると
ぎこちなくなって逆に上手くまっすぐ打てなくなると思います。




自分の体を軸にして腕を振っているわけですから、
パターは体を中心に弧を描くような軌道になるのが自然です。





ただ、
その振り幅が大きくないために
まっすぐ引いてまっすぐ出すように見えるだけです。




なので、
パターも基本的なスイングの考え方は
ドライーバーやアイアンと同じなんです。




バックスイングとフォロースルーの延長には
「スイングプレーン」が存在しています。




パターの持ち方や握り方を気にする人がいますが、
それよりも打ち方が重要なんです。




持ち方や握り方は自分が振りやすい方法が一番いいんです。



無理にプロがやっているからという理由で
そのグリップの仕方を真似る必要なんてありません。



プロだって自分に一番しっくりくる握り方をしているだけです。





パターは持ち方・握り方よりも、
まずは打ち方!



まっすぐ引いてまっすぐ打ちだすのではなく、
自分の体を中心にして弧を描くような軌道になるのが
自然だということです。



ゴルフにおいてパッティングというのは
非常に重要です。



ドライバーでどんなに飛ばそうが、
アイアンでどんなに寄せようが、
3パットも4パットもすればスコアはまとまりません。




初心者に限ってドライバーで遠くに飛ばす練習しかしていません。



せめてその半分はパターの練習をすることをお勧めします。


パターがうまくなれば、
本当に驚くほどスコアがまとまります。




そして、初心者にとって
一番練習しやすいのもパターだと思います。




考えてもみてください。




ドライバーやアイアンで距離と方向を合わせるのと
パターで距離と方向を合わせるのは
どっちがカンタンですか?




もっと具体的に言いましょう





長いドライバーを振り回して
250ヤード先の幅30ヤードの
フェアウェーにボールを落とすのと、


短いパターを軽く振って
5メートル先のピンに寄せるのと
どっちがカンタンですか?




誰が考えても後者ですよね?



ではなぜ難しい方から練習するのでしょう?

たぶん、派手でかっこいいからです(^_^;)




でも、
やはり一緒にゴルフに行く友人に
こっそり差をつけたいならパターの練習を
しっかりすべきだと思います。



ここで、
パターを練習する手助けになるマニュアルを紹介します。

倉木真二さんの書かれたパッティングの真実
というマニュアルです。




「どうすればパッティングが上手くなるのかわからない・・・」

「パッティングの本当に正しい具体的なノウハウ、練習方法が知りたい」

「もう3パットのせいでスコアを崩すのは嫌だ・・・」


という人向けに書かれたマニュアルです。




パターの練習に役立ててもらえればと思います。





| ゴルフスイング理論 | 08:24 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

健康維持
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。